ガールズバーアルバイト掲載料金

ガールズバー(ナイトワーク)の経営者や店長の皆様に、知っておくべきガールズバーのアルバイト募集の知識についてまとめました。初めて募集する前に知っておきたいメディアの特徴・掲載費用・料金や掲載までの流れ、掲載の注意点について詳しくご説明いたします。

ガールズバーが掲載できる求人サイト

ガールズバーはキャバクラやスナックと同じナイトワークのカテゴリーに分類され、利用規約で掲載NGにしている求人サイトもあります。その中でもバイトル、体入ドットコム、フロムエー、タウンワーク、体入ショコラ、ポケパラ体入、indeed等が募集できるサイトとして有名です。

各媒体ごとに掲載基準が違いますが、専門サイトではない場合は掲載基準が厳しい傾向にあります。またバイトルのように居酒屋や一般事務のアルバイトとは違う料金体系であるケースもあります。

⇒バイトルのキャバクラ・ガールズバー掲載料金はコチラ

求人広告におけるナイトワークとは

キャバクラ・ニュークラブ・クラブ・ラウンジ・スナック・ガールズバー・パブクラブ・朝キャバ/昼キャバ・ショークラブ・ガールズラウンジ・熟女クラブ 等お酒を扱う店舗がナイトワークに分類されます。

⇒ガールズバーの求人募集・求人掲載を希望する方はコチラ

ガールズバーの応募効果

ガールズバーは、キャバクラやスナックと比較してノルマやペナルティが無い店舗が多く「敷居が低い」と思われているため、ナイトワークの中では応募が集まりやすい傾向にあります。もしも応募が少ないなら求人原稿や募集条件見直しをおススメします。※立地面で明らかに不利な場合もあります。

ガールズバーが求人募集する前に知っておいてほしいこと

効果が無いと感じている店舗に多いのがホームページが無いことです。ホームページは集客だけでなく、採用面でも求職者に安心感と与えることができるため大きな効果が期待できます。特に店長の顔が写真付きで掲載されていると更に安心感が高まります。

また審査面においても「所在が明らかな店舗」として何もない店舗より優位に進めることが出来ます。予算が厳しい場合でも、無料で利用できるSNS(Twitter、Facebook、Instagram、blog)の利用を推奨します。

ガールズバーの求人募集の三つの注意点

①店舗審査

業種業態の営業で必要な許可証を確認されることがあります。ガールズバーの場合は酒類提供飲食店営業開始届出書のチェックをされることが多いです。

②応募者対応

求人募集対応を外部の友人やスカウトに任せている店舗もあります。スカウト側からすると自身が紹介できる店舗を紹介しただけかもしれませんが、大手メディアであれば募集店舗以外を紹介する行為を禁止しているのでご注意ください。

③虚偽による掲載不可

ユーザークレームにより掲載不可となっている店舗も多くいます。申込時の企業情報の虚偽や嘘の時給条件など虚偽が発覚した場合は永久的に掲載不可となることがあります。グループ全体または業態変更した場合でも掲載不可となるケースもありますのでご注意ください。